韓デリで使える実践的韓国語講座~Part4~

 

お久しぶりです。

この韓国語講座、一部の方に好評なようで、4回目を書かせてもらえることになりました。
前回分を書いたのが、去年の9月ごろ。
偉そうに講座をやっていますが、この間、韓国語の勉強は、一切しておりません。
私の場合、きちんと学習した期間は、かなり短いです。
知らないことも多いので、基礎からやり直したいと思っていますが、漠然と勉強するのは続きません。
明確な目標を持つためにも、一度、検定を受けてようかと考えています。

すっかり忘れていたので、読み返してみましたが、3回目は、マニアックなネタが多めですね。

あれの続きでやっても、使い道があるのか、疑問です。
今回は、初心にかえって、実際に使えることを重視しました。
身近な言葉となると、それはそれで、いくらでも出てきます。
前回のように、限定的ではなく、誰もが使える韓国語を選んだつもりです。
登場するのは、日常生活でも使用する単語ばかり。
もちろん、普通に紹介するだけでは面白くないので、使い方などは、この講座ならではですよ。
ハングルを覚える

 

読み返してみると、いくつかコメントが付いていました。
その中で気になったのは、”아가씨”のカタカナ発音について。
前に、ラインでも、質問されたのを思い出しました。
どんな返信をしたかは覚えていませんが、はっきり言ってしまうと、カタカナで表すことに無理があります。
“아가씨”の一言くらいなら伝わりますが、長文になると、カナ発音では、ほぼ通じません。
この講座では、ルビを付けていますが、目安程度だと思ってください。
(今回は、単語や短めのフレーズなので、カナでも、そこそこ通じると思います)
韓国語には、日本語にない発音があるので、カタカナでは表記しきれません。
例えば、以下の二つ。

 

大きくなる / 커져
消えろ / 꺼져

 

上は、勃起の意味として韓デリでも使いますが、下は、いわゆるスラング。
(勃起を表す言葉としては、「硬い」の”딱딱하다”や「立つ」の”서다”も使います)
ハングルの表記は異なるのに、カタカナでは、どちらも「コジョ」になります。
「コッジョ」や「ッコジョ」にしたところで、区別はできないでしょう。

間違った発音では、相手に通じませんし、自分が聞き取ることもできません。

抑揚やアクセントを含め、正確な発音を身に付けるためにも、文字を知ることは必要です。
(ここでいう正しい間違ってるは、上手い下手の話ではありません)
アルファベットを知らずに、英語を勉強する人なんていないですよね。
もしも、韓国語に興味があるのでしたら、まずはハングルを覚えるべきです。

やる気さえあれば、文字の仕組みを覚えるのに、一時間もかかりませんよ。

 

体の部位

 

頭 / 머리(モリ)
髪の毛 / 머리카락(モリカラ
顔 / 얼굴(オ
耳 / 귀(グィ)
額 / 이마(イマ)
眉毛 / 눈썹(ヌッソ
目 / 눈(ヌ
鼻 / 코(コ)
口 / 입(イ
唇 / 입술(イ
歯 / 이(イ)
舌 / 혀(ヒョ)
頬 / 볼(ボ
顎 / 턱(ト
首 / 목(モ

 

肩 / 어깨(オッケ)
胸 / 가슴(ガス
乳首 / 젖꼭지(ジョッコチ)
腹 / 배(ベ)
脇腹 / 옆구리(ヨクリ)
へそ / 배꼽(ベッコ

 

背中 / 등(ドゥン)
腰 / 허리(ホリ)
尻 / 엉덩이(オイ)

 

腕 / 팔(パ
手 / 손(ソ
手首 / 손목(ソ
手の指 / 손가락(ソガラ
腋 / 겨드랑이(ギョドゥライ)

 

足 / 다리(ダリ)
太もも / 허벅지(ホボチ)
足首 / 발목(バ
足の指 / 발가락(バガラ

 

名詞だけでも使えますが、動詞や形容詞と組み合わせると、バリエーションが一気に増えます。

〇〇いいね / 〇〇 좋네요

〇〇きれいだね / 〇〇 예쁘네요
〇〇大きいね / 〇〇 크네요
〇〇柔らかいね(ふわふわ) / 〇〇 말랑하네요
〇〇引き締まってるね(ガッチリ) / 〇〇 탄탄하네요
〇〇くびれてるね / 〇〇 잘록하네요
〇〇スベスベだね / 〇〇 매끄럽네요

 

〇〇を優しく触って / 〇〇 부드럽게 만져줘요
〇〇を強く吸って / 〇〇 강하게 빨아줘요
〇〇に唾を塗って / 〇〇 침 발라줘요
〇〇の部分を、状況に合わせて、”얼굴”や”가슴”に、入れ替えてみてください。

「~を」や「~に」などの、助詞は省いてあります。

少ない語彙と簡単な文法でも、自分の意思を伝えることはできます。
“네요”と”줘요”で統一してありますが、話し言葉は人それぞれ。

自分なりに、語尾を変えるだけでも、勉強になりますよ。

 

韓デリでよく聞く一言フレーズ

 

早く / 빨리(パリ)
ゆっくり / 천천히(チョチョニ)

ちょっと待って / 잠깐만(ジャ
じっとして / 가만히 있어(ガマニイッソ)
マジ / 진짜(ジッチャ)

そうだよ / 그래요(グレヨ)

そういえば / 맞다(マッタ)

もちろん / 그럼요(グロニョ)
やばい / 미쳤어(ミチョッソ)
なんとなく / 그냥(グニャ
お腹すいた / 배고파(ベゴパ)
太っちゃった / 살쪘어(サチョッソ)
くすぐったい / 간지러워요(ガジロウォヨ)

何で? / 왜요?(ウェヨ?)

こう? / 이렇게?(イロッケ?)

どう? / 어때?(オッテ?)
どうしたの? / 왜그래요?(ウェグレヨ?)
わかった? / 알았지?(アラッチ?)
かわいいでしょ? / 이쁘지?(イップジ?)
でしょ? / 그쵸?(グチョ?)

短いので、20個くらいなら、すぐに覚えられると思います。

エロ表現は、書けないことが多く、中途半端になるため避けました。
韓デリの場合、言い回しが直接的なので、そこは、お察しください。
そうなると、単に韓国の女性がよく使うフレーズに見えますが、プレイ中も出てきますよ。

 

“어떻게 빨아줄까?”(オットッケパラジュッカ?)
「どんな風に舐めて欲しい?」

 

“천천히 해줘.”(チョチョニヘジョ)
「ゆっくりして」

 

“이렇게?”(イロッケ?)
「こう?」

 

조금만 더 빨리.”(ジョグマンドパリ)
「ちょっとだけ早く」

 

“어때?”(オッテ?)
「どう?」

 

“너무 좋다.”(ノムジョッタ)
「すごくいい」

 

“그렇게 좋아?”(グロッケジョア?)
「そんなに気持ちいいの?」
이그저어느(こそあど)を覚えると、それだけで、会話がスムーズに進みますね。
他にも、上下左右など位置を表す言葉を知っておくと便利です。
数字

 

漢数詞

 

0 / 공(ゴ)영(ヨ
1 / 일(イ
2 / 이(イ)
3 / 삼(サ
4 / 사(サ)
5 / 오(オ)
6 / 육(ユ
7 / 칠(チ
8 / 팔(パ
9 / 구(ク)
十 / 십(シ
百 / 백(ベ
千 / 천(チョ
万 / 만(マ

 

固有数詞

 

一つ / 하나(ハナ)한(ハ
二つ / 둘(トゥ)두(トゥ)
三つ / 셋(セッ)세(セ)
四つ / 넷(ネッ)네(ネ)
五つ / 다섯(ダソッ)
六つ / 여섯(ヨソッ)
七つ / 일곱(イ
八つ / 여덟(ヨド
九つ / 아홉(アホ
十 / 열(ヨ
二十 / 스물(スム)스무(スム)
三十 / 서른(ソル
四十 / 마흔(マフ
五十 / 쉰(スィ
六十 / 예순(イェス
七十 / 일흔(イル
八十 / 여든(ヨドゥ
九十 / 아흔(アフ

 

数を言うときは、これらを組み合わせるだけ。
基本的には、日本語と同じなので、覚えてしまえば、難しいことはありません。
数字について、これ以上の説明はしないので、興味のある方は、調べてみてください。

 

韓国語は発音変化が多いと書きましたが、数字でも頻繁に起こります。
会話において、連音化、濃音化、鼻音化、流音化、ㄴ添加などの、発音変化は必須。

数字は、それが自然と身に付くので、発音の練習としてもオススメ。

規則などは、暗記しようとせずに、使いながら覚えるのが良いと思います。
数字を使った会話例

 

その1

 

“안녕하세요?”(アニョハセヨ?)
「こんにちは」

 

“들어오세요.”(ドゥロオセヨ)
「入って」

 

“시간은?”(シガヌ?)
「時間は?」

 

“팔십 분.”(パシップ
「80分」

 

“네, 알았어요.”(ネ、アラッソヨ)
「わかった」

 

“얼마예요?”(オマエヨ?)
「いくら?」

 

“이만 삼천 엔이에요.”(イマチョネニエヨ)
「23,000円」

 

25,000円渡して、おつりはチップとしてあげるなら、

 

“잔돈 됐어요.”(ジャドェッソヨ)
「おつりはいいよ」

 

“땡큐.”(テンキュ)
「ありがとう」

 

こういう場合、”괜찮아요”の一言でも、問題ありません。
オールマイティーに使える、便利な言葉です。

 

その2

 

“몇 층이에요?”(ミョッチュイエヨ?)
「何階?」

 

“삼 층이에요.”(サチュイエヨ)
「3階」

 

“방은 어디예요?”(バオディエヨ?)
「部屋はどこ?」

 

“삼백 일 호실이에요.”(サベギロシリエヨ)
「301号室」

 

“몇”は、「何(いくつ)」の意味です。

 

その3

 

“키가 크네요.”(キガクネヨ)
「背が高いね」

 

“백 육십 팔이에요.”(ベニュシッパリエヨ)
「168だよ」

 

「〇〇㎝くらい」は、”〇〇센치정도”。
韓国の女性に対する「背が高い」は、一般的には、褒め言葉です。

 

その4

 

“몇 살이에요?”(ミョッサリエヨ?)
「何歳?」

 

“몇 살처럼 보여요?”(ミョッサチョロボヨヨ?)
「いくつくらいに見える?」

 

“이십 대 초반?”(イシデチョバ?)
「20代前半?」

 

“스물 일곱.”(スムリ
「27」

 

“어려보이는데.”(オリョボイヌデ)
「若く見えるよ」

 

年齢は、漢数詞を使うこともありますが、大抵は固有数詞で表します。

 

その5

 

“오늘 날씨가 덥군요.”(オヌッシガドックニョ)
「今日は暑いね」

 

“더워요?에어컨 온도 좀 낮출까요?”(ドウォヨ?エオコノドジョナッチュッカヨ?)
「暑い?エアコンの温度少し下げる?」

 

“그럼 일 도만.”(クロドマ
「じゃあ、1度だけ」

 

「暑い」は”더워요”、「寒い」は”추워요”。
シャワーなどお湯の「熱い」は”뜨거워요”で、「冷たい」は”차가워요”。

 

いかがでしょう。
ここでは、5つの例を出してみましたが、数字を使う機会って多くないですか?
他にも、年月日や時刻、電話番号など、たくさんあります。
今回は、実用的な内容だと思います。

韓国ドラマやK-POPが好きな方なら、ご存じの単語も、あったのではないでしょうか。
日常会話でも、使えるものばかり。
韓デリに限らず、覚えて損はないですよ。
自分の年齢だけでも、韓国語で言えるようになると、より一層、韓デリを楽しめると思います。

4件のコメント

  1. 初めまして質問です。韓国で使われるインテリアって隠語の意味を知ってたら教えて欲しいです。韓国系のブログでこれに当てはまるとNG客って書いてました。ほとんど必ず出てくる隠語だけど意味は誰も知らなくてツイッターで聞いてもこれだけは反応がなかったらしいです。NGにならなかったら当てはまらないしか書いてないです。自分が当てはまるのか不安だしヤバい言葉なのか気なります。他はグーグル翻訳で行けたけどこれだけはどう調べても出てきません。詳しいって聞いたから知ってたら教えて欲しいです。
    お願いします

    1. コメントありがとうございます。
      以下、よつ夫ちゃんからです。
      ———————-
      「インテリア」は陰茎に飾りをしている方(真珠等)の意味です
      ———————-
      …との返答でした。
      よろしくお願いします。

  2. ありがとうございました。自分は大丈夫そうです。一通り読みましたが本とは全然違って教科書にない韓国語って感じで現地でリアルに使えそうな言葉もありました。肝心なエッチ部分はグレーゾーンで書いてないのが多いですね。韓デリじゃなくいっそ韓国人との会話講座にして風俗のルールとか縛り無い方が良いかなと思いました。ありがとうございました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です