韓デリで使える実践的韓国語講座~Part2~

 

めでたく2回目を迎えることができました。
風俗体験ブログ「ともだち」でレポートを書いているカラアゲです。

 

■日本人風俗との違い

風俗には行くけど、韓デリは未経験という方、多いのではないでしょうか。
そういう方に対して、韓デリの魅力を挙げるとしたら、素股の狭さ。
他にもありますが、これは肌で実感できるので、わかりやすいです。
どのくらい狭いって、KBOのストライクゾーン並。
身体的には日本人と大して変わらないのに、ポジだけは明らかに違います。
(狭さの話であって、どっちが上ということではないです)

韓国の女性と、これについて話し合ったことがありますが、結論としては、指マン文化の差ということに。
そんなわけはないですが、他にピンとくる答えが出ませんでした。

ちなみに、男性の平均サイズも、日本人が13㎝で韓国人が11㎝と差があります。
男女ともに、体の大きさは似ているのに、どうしてアソコだけ違うのでしょうか。
機会があったら、また語ってみようと思います。

 

■発音について

韓国語は、日本語にはない発音があるので、カタカナで全てを表現することはできません。
例えば、「만」と「망」は発音が違いますが、日本語だと、どちらも「マン」なります。

この講座はカナ発音で進行しますが、ついでなので簡単に説明しておきます。
私も、発音に関して、人様に教えられるレベルではないので、参考程度に。

日本語の「ン」は1つですが、韓国語では「ㄴ」「ㅇ」「ㅁ」の3つあります。

ㄴ(n)   / アンタ(前歯の裏付近に舌先が触れる)
ㅇ(ng) / アンコ(舌はどこにも触れず鼻から抜ける感じ)
ㅁ(m)  / アンプ(唇が閉じる)

同じ「ン」ですが、発声方法が違いますね。
日本人も無意識に使い分けているので、あまり難しく考える必要はありません。
「マンコ」の「ン」は、「ㅇ」。
おそらく「ㄴ」の発音では言い難いと思います。
誰もが知っている「アンニョンハセヨ(안녕하세요)」。
これには、2つの「ン」がありますが、1つ目は「ㄴ」で、2つ目は「ㅇ」。
自然に発音すれば、この形になるはずです。

この2つとは違うのが「ㅁ」で、「ㄴ」「ㅇ」に比べると、区別しやすいです。
「キムチ(김치)」の「ム」は「ㅁ」。
「キンプ」と言うつもりで発音して、「キン」で止めると、「김」になります。
発音してみると、「ム」ではないことが、わかると思います。
「ム」は唇を前に突き出すのに対して、「ㅁ」は唇を閉じる。
もう少し突っ込んだ話をすると、「김」は1音ですが、「キム」だと2音になります。
こういった違いが、ハングルをカタカナ表記できない理由ですね。

難しいですが、細かいことは気にしないで大丈夫。
語学は、ケンチャナヨ精神でやったほうが、良いと思います。
日本人が外国語を話せないのは、完璧を求めるからだと言われています。

仕事で使うわけではないので、ネイティブレベルを目指す必要なんてありません。
カタコトの日本語を話す外国人でも、問題なく聞き取れますよね。
目標を持つことは大切ですが、あまり上を見過ぎないこと。
個人的には、コミュニケーションが取れれば、それで良いと考えています。
発音は大事ですが、急に上手くなることは、ありません。

自信がないと、小さな声になりがちですが、下手でも良いから堂々と。
ハキハキと喋ることを、意識しましょう。
日本語でも、ぼそぼそ喋ったら聞き取り難いですよね。

 

■名前の呼び方について

名前で呼ぶことは少ないと思いますが、発音の練習にもなるので、書いておきます。
(源氏名だと韓国人っぽくない名前も多いですが、そこは考えないことに)
状況にもよりますが、「〇〇ヤン」だと、子供っぽく、「〇〇ッシ」だと、ビジネスライクな印象。
(苗字に「ッシ」はダメです)
呼び捨ては、失礼だし、ちょっと不自然なので、後ろに、「아(ア)」か「야(ヤ)」を付けます。
「연」の「ㄴ」や、「정」の「ㅇ」に当たる子音を、パッチムと言います。
「ア」と「ヤ」の使い分けは、そのパッチムがあるかないか。
「문별」や「휘인」のように、最後にパッチムがあれば「ア」、「화사」や「솔라」のように、なければ「ヤ」。

パッチムの有無だけなので、ルールは簡単ですが、発音は、少しややこしい。
「ヤ」は、そのままですが、「ア」は、連音化という発音変化が起こります。
例えば、「ユジン(유진)」の場合、最後にパッチムがあるので、「ア」を付けますが、「ユジンア」ではなく「ユジナ」。
分解すると、「유(yu)」「지(ji)」「ㄴ(n)」で、その後ろに「아(a)」。
「ㄴ(n)」と「아(a)」が、連音化で「나(na)」に変わるので、「ユジナ(yujina)」となります。

韓国語は発音変化が多いので、文字一つ一つより、固まりで覚えたほうが良いです。
人名は、3文字と短く、同じ文字が繰り返し出てくるので、読み書きの練習にも最適。

ちなみに、文章では書いたりしますが、実際に、「アガッシ」と呼ぶことはありません。
悪い言葉ではありませんが、水商売の女性に対する、「お姉ちゃん」のようなニュアンスも含まれますし、他人行儀な感じ。(私の、個人的な考えであって、ダメだということではありません)
女の子だって、お客さんのことを、「アジョッシ(おじさん)」とは、呼ばないですよね。

 

【韓デリで役に立つかもしれない韓国語】

今回、頻繁に出てくる「~줘요」は、「~してください」のような意味です。
「~주세요」とすると、より丁寧な表現になります。
韓デリはパンマルでも問題ないとはいえ、ぞんざいすぎるのは、良くありません。

日本の風俗だって、「~しろ」みたいに言われたら、いい気分はしないと思います。(SMとか言葉責めは別ですが)
受け止め方は、個人差がありますし、感覚的なことはネイティブでないと理解できません。
よくわからないので、基本的には、ヘヨ体で話すようにしています。
カナルビは、「저」が「ジョ」だったり「チョ」だったり、同じ文字でも、違うことがあると思います。
どっちが正しいとかはないので、あまり深く考えないでください。

・イっていい? / サドデ(싸도 돼?)

射精関係は、パンマルで書いておきます。
「〇〇エダガサドデ?」で「〇〇に出していい?」。
「〇〇ケンチャナヨ?」でも問題ありません。
韓デリで使うか、わかりませんが、「口に出していい?」は「イプサドデ?」。

 

・イキそう / サルゴカッテ(쌀 것 같애)

「カル」や「ナオル」などもありますが、「イキそう」と「出そう」のようなニュアンスの違いです。
「イク」は「サンダ」ですが、こちらも同様。
アガシに「ナド」と言われたら、「私も(イキそう)」ということ。
「것 겉아」と書きますが、口語体では「거 겉아」。
頻繁に使うフレーズなので、会話中だけでなく、テレビやラジオなどでも、よく耳にすると思います。

 

・こっち見て / ヨギバヨ(여기 봐요)

「見せて」とお願いするときは「ポヨジョヨ」。

 

・どう? / オッテヨ(어때요?)

「キブニオッテヨ?」は「気分はどう?」。
プレイ中に言われたら、「気持ちいい?」と言う意味になります。
気持ち良かったら、「チョアヨ」と答えましょう。
「どうだった?」は「オッテッソヨ?」。

 

・もっと / ト(더)

乳首舐めなどされているとき、もっと舐めて欲しかったら「ト、ト」と要求します。
「アー、ノムチョア~トヘジョヨ」で「アー、イイ~もっとして」。

 

・吸って / パラジョヨ(빨아줘요)

「吸う」「しゃぶる」という意味ですが、これだけで「フェラチオ」として通じます。「オーラル」や「クガンソンギョ」という言い方もありますが、会話では使ったことがないです。
玉舐めは「ポンアル」とか「アル」ですが、発音が難しいので、「コファン」でOK。
「ポジ」と「パル(빨)」をくっ付けて、「ポッパル(クンニ)」になります。
「舐めて」は「ハルタジョヨ」。

・オッパイでして / カスムロエムヘジョヨ(가슴으로 애무해 줘요)

パイズリですね。「エムヘジョヨ」は「愛撫して」なので、他にも使えます。
ほとんどのアガシは、「カスムロヘジョヨ」だけでも、伝わるはず。
中には「ヘムボゴ(ハンバーガー)」で通じる子もいます。

 

・シャワーでも浴びようか / シャワーナヘヨ(샤워나 해요)

そろそろかなと思ったら。私は話が長いので、アガシのほうから言ってきます。
「シャワー浴びよう!」という感じで言うなら、「シャワーハジャ」。
「~ハジャ」は「~しよう」という意味です。
お風呂場でしたいときは、「ヨギソハジャ」。

 

・もう1回言って / タシマレジョヨ(다시 말해줘요)

聞き取れなかったときに使います。「タシハンボン」を付けると、より丁寧。

 

・ゆっくり話して / チョンチョニマレジョヨ(천천히 말해줘요)

早口なアガシが多いです。
何度も聞き返すのは好ましくありませんが、必要な場合もあるでしょう。
プレイ中に、「チョンチョニヘジョヨ」とか「サルサレジョヨ」と言われたら、激しすぎるのかもしれません。

 

・ちょっと待ってね / チャムシマンニョ(잠시만요)

「ジョナハルッテニカ、チャムシマンニョ(電話するから、ちょっと待ってね)」のような感じ。
「すいません」のような呼び掛けの意味もありますが、韓デリで使うことはないでしょう。

 

・キレイだね / イップネヨ(이쁘네요)

「ナイップジ?(私キレイ?)」と聞かれたら、返事は「ネー、ノムイッポヨ(うん、キレイだよ)」。
キヨミソングで有名な「クィヨプタ」のほうが、知名度は高いかもしれませんが、成人女性の容姿を褒めるときは、あまり使いません。
(行動や物の場合は、こちらで問題なし)
感じ方は人によって違うので、一概には言えませんが、「イッポ」が無難。
難しかったら「セクシー」で十分です。

 

・スタイルいいね / ナルッシナネヨ(날씬하네요)

スラっとしたという意味。
「足細いね」は「タリナルッシナネヨ」。
エッチな体つきを褒めるなら「モムメガチェゴ(スタイル最高)」。
「チェゴ(最高)」は、単体で使えるので便利です。

 

・肌がキレイだね / ピブガコンネヨ(피부가 곱네요)

韓国美肌なアガシが多いので、使えると思います。
「クッチ(でしょ?)」と、自信満々に返してくるアガシもいます。

・抱きしめて / アナジョヨ(안아줘요)

軽い抱擁は「ホグ(ハグ)」。
ハグをしながら「ポゴシポッソ~(会いたかった)」と挨拶するのもあり。

 

・チューして / ポッポへジョヨ(뽀뽀해 줘요)

ほっぺにチューのような軽い感じ。(口でも使えますが)
キスは、そのまま「キス」。
舌を求めるときは「ヒョノオジョヨ」。
上で紹介した「ト(もっと)」「パラジョヨ(吸って)」も使えます。
ペロッと舌を出すのは「メロン」。

 

1回目は、挨拶が中心でしたが、今回は、かなり実践的な内容になっています。
簡単な言葉とはいえ、いきなりプレイ中に使うのは、難しいかもしれません。
まずは、挨拶と合わせて、誉め言葉などを言ってみるのが、良いと思います。

発音に関しては、一朝一夕で身につくことはありません。
間違っていても良いから、とにかく、聞いて話すことが一番。
細かいことを気にするより、一言でも多く、声に出すほうが身になると思います。

7件のコメント

  1. カラアゲさん、ありがとうございます。
    何事も経験と繰り返しで身についていくものだと思うのでケンチャナヨ精神で使ってみます!

  2. 年末韓デリに行く予定です。初めてなので教えて下さい。韓デリはチェンジ可能が多くてちょっとだけ安心しました。する場合日本語が話せなくてもチェンジで通用しますか?

    1. コメントありがとうございます。そうですね、「チェンジ」という言葉で通じるとは思います。チェンジはできますが、私見ですが、とチェンジは一回くらいにしておいた方がいいかなとも思います。何回もチェンジして良くなったという話はあまり聞きませんので笑
      一撃で決まる事を祈っております。

      1. 朝から失礼します。さっきハニークラブの体験動画見ました!感動したのでコメントさせてください!DX様は動画が有名だけど韓デリの体験動画は驚きました。もっと驚いたのは出演してるミナさんが「サンダ」って言ってたことです。自分には意味ない講座だと思ってましたが速攻で使う機会がありました。聞き取れた時は感動しました。文字だと発音が不明なのが難点です。想像してたイントネーションと違いました。韓デリ嬢による動画の韓国語講座も作って下さい!
        指入れ×な嬢が多いって聞きますが潮吹きも凄かったです。これからも体験動画期待してます!ありがとうございました!

        1. 今日で仕事納め様
          これは何とも嬉しいお言葉ありがとうございます!韓国語講座は以前やった事があるんですが、女性が帰国してしまったため今では見られない状況です。また機会があればやっていきたいと思います。

  3. コメント見て動画バージョンあるの知りました。講座と連動してて解りやすいです。ライター再開されたようですが講座もやる気出して頂けたら嬉しいです。どんどん更新してください!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です