最近は泣く機会が多くて困ってしまいます

ちょっとしたことがトリガーとなってすぐ泣いてしまう

今は素敵な文学に出会って、鼻呼吸が出来ないほど泣いてしまいました。鏡を見たら既に目が腫れていました

推しの死は本当に辛いし毎日心が苦しいけれど、推しが死のうと私が辛かろうと、平等に時間は経過するし朝はやってくる
前を向いていくしかないんですね

オタクは時々ポエムを書かずにはいられない病気にかかっているので、暖かい目で見ていてください